解放


 

通りすがりの青年の前で、少年が草むらの中に入って行く。

「こら。君は、ポケモンを持っているのかい?」

「持っているよ。ほら」

少年の腕には、ミネズミが抱きかかえられていた。

「そうか。なら大丈夫だな」

「うん。これからミネズミ逃がすの」

「逃がしちゃうのか。見たところ随分懐いているようだが、なにか事情があるのか」

「うん。ポケモンは人間と暮らしちゃいけないんだって。だから逃がすの」

「ポケモンは大事な家族じゃないか。誰がそんなことを言ったんだ」

「お母さん。テレビで見たんだって。ポケモンは大事な友達だけど、やたらむやみに捕まえたらいけないって。僕の家にはもうチョロネコがいるから、どっちか逃がしなさいって言われたの」

「そうなのか。家で面倒が見られないならしょうがないな」

「うん。チョロネコもミネズミもタマゴから育ててきたけど、家で二匹もポケモンを飼えないんだって。家計が苦しいんだって」

「困ったな。お兄さんも手持ちがいっぱいなんだ。ミネズミを欲しがるトレーナーも少ないだろうし、ポケモンセンターや施設に預けても、こいつが幸せになるとは限らないからな」

「うん。お母さんも、きっと野生で立派に生きていくから大丈夫だって。きっとたくましいミルホッグになって、群れのリーダーになるって」

「そうだな。よく見ればこのミネズミは良い顔をしている。お母さんの言っていることも正しいかもね」

「うん。じゃあさよなら、ミネズミ」

少年はミネズミを地面に置いた。ミネズミは最初はおろおろしていたが、しばらくすると森の中に走り去って行く。



「ミネズミー元気でねー」

「達者に暮らせよー」

少年と青年が見守る中、ひたすらミネズミは走っていく。
数十メートル走り続けた頃、一匹のケンホロウがミネズミめがけて一直線に飛んでいく。ミネズミが天敵に気づいたときにはもう遅かった。


悠然と飛び去る鳥ポケモンを、青年と少年は何もできず、呆然と見つめていた。



2012年 5月 発行 「リサイクル」より


TOPへ戻る  短編置き場へ戻る